Skip navigation

UIデザイナーって何?仕事内容やUXデザイナーとの違いを解説

By: Aquent

UIデザイナーの年収や求められるスキルとともに解説していきます。

LAST UPDATED: 2022/04/05

クリエイティブ系の職種の中でも、比較的新しくまだあまりその仕事内容がよく理解されていない職種である「UIデザイナー」。しかし、近年その需要が高まってきており人気も高くなってきているのです。本記事では、UIデザイナーとはどういう職種なのか、UXデザイナーとの違いや仕事内容、求められるスキルや年収などについて紹介していきます。



クリエイティブ・マーケティング分野の転職相談はこちら

UIデザイナーとは

WEBデザイナーとの違い

UXデザイナーとの違い

UIデザイナーの仕事内容

UIデザイナーに求められるスキル

コミュニケーションスキル

グラフィックツールの操作

UXに対する理解

UIデザイナーの年収

UIデザイナーのキャリアパス

まとめ

UIデザイナーとは

UIデザイナーはクリエイティブ系の職種の一つであり、WebサイトやサービスなどのUIを設計する職種です。

UIとは「ユーザーインターフェース(User Interface)」の略称であり、アプリの画面やゲーム画面、Webページなどのようにユーザーが触れるビジュアル部分を指します。

こういったユーザーの操作性を重視する仕事がUIデザイナーであり、Webサイトやアプリ内の文章や情報、見出しなどのレイアウトの調整といったように、ユーザーの行動を最適化していく職種です。また、UIはSEO対策上も需要になってきており、マーケティング施策の一つとして重要視されています。そういった意味でも、UIを設計するUIデザイナーの役割は大きく、将来性のある仕事ともいえるでしょう。

近年では、制作会社や広告代理店だけではなくフリーランスとして、UIデザイナーを行っている人も増えています。

WEBデザイナーとの違い

Webデザイナーとの違いとしては、デザインを重視するかどうかという点です。

WebデザイナーにとってUIはあまり重要視する指標ではなく、いかにユーザーに興味を持ってもらえるデザインかどうか、という点にフォーカスを当ててWebサイトの設計を行います。

一方でUIデザイナーは、あくまでもUIを高めるための要素としてデザインを重視するため、デザイン性の重要度はそこまで高くありません。デザイン以外にもWebサイト内の文章や見出しなどのレイアウトの調整などを総合して、サイト全体のUIを高める職種となっています。

UXデザイナーとの違い

UIデザイナーと非常に似た職種として、「UXデザイナー」という職種があります。

UXとは「ユーザーエクスペリエンス(User Experience)」の略称であり、ユーザーがWebサイトにアクセスした際に得られる体験のことを指します。扱う商品やサービスがいかにいいものであったとしても、WebサイトのUXが悪く、ユーザーにとって使い心地が悪くては製品の魅力が十分に伝わりません。ユーザーにとって快適な体験を提供し、製品の購買につなげるためにもUXは非常に重要な要素といえます。

UIとUX、どちらも非常に似た概念ですがユーザーの操作性を重視して設計するのか、体験に重点を置いて設計するのかで異なります。

UIデザイナーの仕事内容

UIデザイナーの主な仕事内容としては、Webデザイナーと似ており、Webサイトの設計をし、デザインをおこし、それを実装していくことが役割となります。その中でも、ただデザインを作成するのではなく、あくまでも操作性を高めるためのデザインにする必要があります。

また、実装して終わりではなく実際の操作性を確かめるためにも、テストを実施し第三者へのインタビューやクライアントの確認も行うケースがあります。



UIデザイナーの求人を探す

UIデザイナーに求められるスキル

UIデザイナーには、大きく分けて以下の3つのスキルが求められます。

コミュニケーションスキル

UIデザイナーは一人で完結する仕事ではなく、エンジニアやWebデザイナーと連携を取りチームで進めていく必要があります。そのため、最低限のコミュニケーションスキルが求められます。

それに加え、実際のユーザーに対してインタビューを実施し操作性をヒアリングするケースもあるため、場合によっては高いコミュニケーションスキルが求められるケースもあるでしょう。

グラフィックツールの操作

UIを設計する上では、IllustratorやPhotoshopといったグラフィックツールは欠かすことができません。日常業務の中で、問題なく上記のツールを使いこなせる技術が必須条件として求められます。

また、AdobeXDやSketchなどのようにWebページの設計に役立つツールも、使えるようになっておくことをおすすめします。

UXに対する理解

Webページを設計していく上で、UIだけではなくUXに対する考慮も合わせて持っておく必要があります。操作性の快適さの先にはユーザーの体験があるため、ユーザー体験を高めるための1つの方法として操作性の向上があります。

Webサイトの操作性を向上することで、どのようにユーザー体験を高められるかまで意識できると、価値の高い人材になることができるでしょう。

UIデザイナーの年収

エイクエントのUIデザイナー求人の平均年収はおおよそ500万円〜900万円です。大手制作会社で年次の高いUIデザイナーや、マネージャーになると年収が1,000万円を超えることも珍しくありません。

クリエイティブ業界の中でも、需要が高まりつつある職種であるため、平均年収は高い部類であるといえます。



UIデザイナーの求人を探す

UIデザイナーのキャリアパス

UIデザイナーになるためには、Webデザイナーやエンジニア系の職種を経験し、Webサイト全般に関する知識を最低限身につける必要があります。

未経験からの転職もできないことはないですが、独学でグラフィックツールやWebに関する知識や理解を実戦レベルで身につけないといけません。実務経験があるに越したことはないでしょう。

また、UIデザイナーの中には、経験を活かしてUXディレクターに転職したり、アートディレクターやクリエイティブディレクターなどの、ディレクター系の職種にキャリアアップすることも可能です。

まとめ

UIデザイナーはまだあまり浸透はしていませんが、需要が高まりつつある職種といえます。

未経験からでも独学で目指せるクリエイティブ系の職種であるため、UIデザイナーを目指す場合は、コミュニケーションスキルや、グラフィックツールの操作、UXに対する理解を身につけて経験を積んでいきましょう。



クリエイティブ・マーケティング職種の転職相談はこちら



他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼