Skip navigation

1から始めるインハウス メタバースプロジェクト

By: Aquent

Positioning your inhouse agency to deliver

LAST UPDATED: 2023/03/24

メルセデス・ベンツによる工場へのデジタルツインの導入、ナイキのNFTペアリングパーカーなど、グローバルブランドがメタバースやNFTに本気を出しています ⁠

ブランドとして、今メタバースプロジェクトを進めることは、社内外に価値を見出す絶好のチャンスです。まだ他社がやっていないこと、できることがたくさんあるからです。では、どのようにして戦略的にインハウスエージェンシーがメタバース機能を作れる(インハウスでメタバースプロジェクトを進められる)のでしょうか?⁠

どのように始めればいいのか? アメリカでメタバース開発に携わった経験を持つスピーカー2人が、自身のストーリーを語ります ⏬⁠

グローバルブランドが実際どう企業内外でメタバースを使っているか⁠
どうしたらブランドのイメージ、メッセージ、価値を強化し、メタバースプロジェクトを成功させることができるか⁠
インハウスでメタバースプロジェクトを進めるために重要な機能とパートナー構築⁠
メタバースと他のSNSとは何が違うのか⁠
私たちはメタバースのコミュニティに何を求めて来るのか⁠

スピーカーについて⏬⁠

Nate Essin:Metaverse Practice Leader at エイクエント(元Accenture)⁠
Chris William:Former Chief Product Officer at iHeartRadio(アメリカの大手クラウド音楽サービス)⁠

それぞれの詳細は、エイクエント noteで全編を読む



クリエイティブ・マーケティング職種の転職・採用相談はこちら



他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼