Skip navigation

広報の仕事を探る

By: Aquent

ここでは、この分野について知っておくべきことと、どのように始めればよいかを説明します。

LAST UPDATED: 2023/02/10

パブリック・リレーションズ(PR)の世界は魅力的です。マーケティング・キャンペーン、プレス・リリース、ソーシャルメディアとの連動など、さまざまな方法を通じて、企業や個人、ブランドに対する一般の人々の認識を形成し、影響を与えようとする意図的な試みが含まれるのです。PRのキャリアを考えている人には、多くのチャンスがあります。

広報担当者の仕事とは?

広報担当者の主な仕事は、組織や個人とその対象となる読者との関係を管理するための戦略を立て、実行することです。これには、

– トレンドのリサーチ、消費者行動の理解
– メッセージング戦略の開発、プレスリリースの作成
– メディアからの問い合わせへの対応
– 組織や個人に関するオンラインでの会話のモニタリング
などが含まれます。そのため、優れたコミュニケーション能力だけでなく、人間心理の理解や戦略的な思考力が求められます。

広報のキャリア

広報のキャリアはさまざまな形があります。大企業で企業広報を担当することもできますし、危機管理や政治キャンペーンなど特定の分野を専門とする中小企業で働くこともできます。また、独立したコンサルタントとして働くこともできますし、自分でPR会社を立ち上げることも可能です。さらに、デジタルマーケティングやソーシャルメディアマネジメントの経験があれば、さまざまなクライアントのためにそれらの分野に力を注ぐことができます。

広報の仕事の見通し

労働統計局(BLS)によると、この分野の雇用が今後10年間で8%増加すると予測しており、これはほとんどの職業よりも速い速度であり、この成長分野で仕事を探している求職者にとっては朗報と言えます。  

まとめ

広報のキャリアは、やりがいのあることですが、この道に進む前に何が必要かを理解することが重要です。大企業の広報担当から、デジタル・マーケティングや危機管理サービスを専門とする独立系コンサルティング・ビジネスの立ち上げまで、さまざまな可能性があります。どの道を選んでも、PRサービスに関連するすべての分野で継続的な成長が予測されるため、この業界で働くことは高給と確実な雇用保障を提供することに疑いの余地はないでしょう。リサーチと努力次第で、広報のプロとして成功することができます。

転職活動でお悩みのことがあれば、クリエイターの転職活動支援に特化したエイクエントにぜひご相談ください。



クリエイティブ・マーケティング職種の転職相談はこちら



他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼