Skip navigation

マーケティングを辞めたい5つの理由と対処法を解説

By: Aquent

マーケティングを辞めたくなる5つの理由や向いていない人の特徴、マーケティングのメリットなどを解説します。

LAST UPDATED: 2023/05/22

「マーケティングを辞めたい」「マーケターに向いていない」と悩む方は多いものです。マーケティングは仕事内容が多岐にわたるため労働時間の長い企業もあります。 本記事はマーケティングを辞めたい5つの理由と辞めたい時の対処法、マーケターに不向きな方の特徴を紹介します。仕事で悩んでいる方は参考にしてください。

マーケティングを辞めたいおもな理由

  • 業務量が多く長時間労働
  • 仕事の変化が激しく数字で評価する人間関係が嫌
  • 改善を重ねる仕事よりルーティンワークに従事したい



クリエイターの転職相談はこちら

マーケティングを辞めたい理由5選
長時間労働になりがち
業務量が多い
変化が激しい市場に対応しなくてはいけない
成果が数字で評価されやすい
人間関係がつらい

マーケティングに向いていない人の3つの特徴
トライアンドエラーが苦手
向上心が薄い
ルーティンワークのほうが好き

マーケティングを辞めたいときの対処法

マーケティング職のメリット
将来性がある
年収が高い傾向にある
独立起業しやすい

マーケティングの仕事が辛いなら転職準備を

マーケティングを辞めたい理由5選

入社した頃は当たり前に感じていたマーケティングの仕事でも経験を重ねるごとに疑問に感じることが出てきます。辞めたくなる原因5つを紹介します。

長時間労働になりがち

マーケティング業界の仕事は長時間労働になりやすい傾向にあります。市場調査や打ち合わせに時間がかかることも多いからです。

マーケターは市場の動向リサーチや分析、口コミ評判の調査などを行います。これらの作業は明確な終わりがないため、つい無理して時間をかけすぎてしまうこともあります。結果、プライベートの時間が取りにくくなることも少なくありません。

業務量が多い

現役マーケターは業績に関わらず業務量が多いです。業務の例を7つ紹介します。

  1. 市場調査
  2. 競合分析
  3. ターゲット選定
  4. マーケティング手法の考案
  5. 目標達成のためのロードマップ作成
  6. 広告運用
  7. アクセス解析

上記のとおり業務内容は多岐にわたるため関連するタスクが多様です。さまざまなスキルが求められるため「マーケティング活動はしんどい」と感じる人もいます。

変化が激しい市場に対応しなくてはいけない

ユーザーの興味関心や趣味嗜好は常に変化しています。マーケターは、ユーザーからのフィードバックを分析し、即応しなくてはいけません。

SNSの普及により、情報伝達のスピードはさらに速くなっています。とくにWebマーケティングの担当者は、状況に応じた素早い対応力が大切です。

成果が数字で評価されやすい

マーケターは、売上数や問い合わせ数などの数字で上司から評価されやすいです。以下のようなケースは成果を上げていても評価されにくい場合があります。

  • ブランド力向上など数値化しにくい指標
  • 短期的に数字が上がらず長期的に上がる
  • クライアントと良好な関係を構築する

一見しただけでは理解してもらいにくい実績のため「努力してもむくわれない」という感情を抱いてしまう方もいます。

人間関係がつらい

マーケターのなかには人間関係で悩む方もいます。社内外の担当者とコミュニケーションをとる必要があるからです。

社内には、マーケティングチームのマーケターやエンジニア、デザイナーのほかに、営業部門や商品開発部門などの関係者がいます。彼らと施策について合意形成し、仕事を進めなくてはいけません。

マーケティングに向いていない人の3つの特徴

マーケティング職に向いていない人の特徴を3つ紹介します。

トライアンドエラーが苦手

地道にトライアンドエラーを繰り返すことが苦手な人は、マーケティングに向いていない可能性があります。マーケティング業界は華やかなイメージですが、地味な作業を積み重ねる職種です。集客をはかり、効果検証して前向きに改善を重ねなくてはいけません。

マーケティング活動には新しいアイデアが求められますが、成功しないこともあります。エラーや失敗など挫折に対して耐性がない方は、案件を進めることがストレスになることもあります。

向上心が薄い

マーケティングは日々進化しています。新しい手法や技術があみ出されて新用語も次々と出てきます。そのため「課題解決のための勉強はしたくない」「最新の手法でなく既存の手法だけ実践したい」方は向いていない可能性があります。

新しい知識やスキル獲得に興味のある成長意欲の高い方が非常に向いている職種です

ルーティンワークのほうが好き

マーケティングは市場のニーズに応じて施策を繰り返す仕事です。一度決定したマーケティング戦略を修正することもあります。

そのためルーティンワークや正解のある仕事が好きな方は、変化が激しいマーケティングの仕事は大変と考えられます。柔軟性のある方のほうが向いている仕事内容です。

マーケティングを辞めたいときの対処法

マーケティングを辞めたい時の対処法は下記の3つです。

  1. 自己分析をする
  2. 仕事のやり方を変える
  3. 転職先を探す

自分を分析して辞めたい理由を考えましょう。成果が出ないから退職したい場合は成果につながる施策が実行できているかチェックすることも重要です。

過労が原因なら勇気を出して休日を取りましょう。何をしても今の職場環境と相性が良くない場合は転職という選択肢もあります。

マーケティング職のメリット

マーケティング職のメリットを3つピックアップします。辞めて後悔する前に確認してください。

将来性がある

株式会社矢野経済研究所の「インターネット広告市場に関する調査を実施(2021年)」によるとインターネット広告市場は将来性が高いビジネスと考えられています。IT技術やSNSが普及し、企業は顧客とより直接的に接点を持てるようになりました。

とくにデジタルマーケティングの分野でSEO、SNS、インフルエンサーマーケティングなどさまざまなチャンネルがうまれていますが、それらの施策を行うマーケティング人材が不足しています。

年収が高い傾向にある

厚生労働省「jobtag」によると、Webマーケティング(ネット広告・販売促進)の年収は630万3,000円です。国税庁の「令和3年分民間給与実態統計調査」によると日本の平均年収は443万円のため平均より187万円も高いといえます。

独立起業しやすい

自由な働き方のできるフリーランスやコンサルタントとしてマーケターは起業しやすい傾向にあります。事業会社などでマーケティング人材やノウハウが足りない状態だからです。

起業したマーケターは需要があります。契約企業に出社せず在宅勤務している事例もあります。

スキル不足が不安な方の独立の始め方として、最初は副業から挑戦したりスクールや講座で学習したりするのもおすすめです。専門性が高くなると安定的に仕事が受注しやすくなるため30代ごろで行動に移す方もいます。

マーケティングの仕事が辛いなら転職準備を

マーケティングは業務量が多く労働時間の長い職場もあるため、辞めたい方はいます。デメリットが多い職場にいるなら転職するのもひとつの方法です。

「マーケティングを辞めたい」「自分の市場価値や適性が知りたい」方はマーケターの転職サポートサービスに特化した転職エージェントのエイクエントにご相談いただけたらと思います。

経験を活かしたやりがいあるポジションやスキルアップ・キャリアアップできる転職先、希望の働き方と条件にそう求人を紹介します。

転職のプロが志望動機作成や履歴書の書き方を支援し、選考突破のコツをアドバイスします。ご利用は無料でWebサイトから簡単に登録可能です。ぜひご活用ください。



クリエイティブ・マーケティング職種の転職相談はこちら



他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼