Skip navigation

アカウントプランナーの仕事内容と向いている人の特徴を徹底解説

By: Aquent

アカウントプランナーの仕事内容とやりがい、向いている人の特徴について分かりやすく解説します。

LAST UPDATED: 2023/02/13

「アカウントプランナーの仕事内容が知りたい」と考えていませんか。本記事では、アカウントプランナーの仕事内容や向いている人、やりがいなどについて解説します。



クリエイターの転職相談はこちら

アカウントプランナーとは

アカウントプランナーの仕事内容

アカウントプランナーののやりがい

アカウントプランナーに向いている人の特徴
コミュニケーション能力が高い
法人営業経験者
ヒアリング力がある

アカウントプランナーの年収

アカウントプランナーのキャリアパス

アカウントプランナーの将来性

アカウントプランナーへの転職ノウハウ

まとめ

アカウントプランナーとは

アカウントプランナーとは、広告代理店の企画営業職のことです。アカウントプランナーは、クライアント企業の広告出稿のサポートを行います。テレビや新聞、Webメディアなどの広告媒体のなかから、クライアント企業の商材と目的に合う最適なものを提案します。

アカウントプランナーと混同されがちな広告運用コンサルタントは、広告戦略の提案だけでなく広告運用やコンサルティングも行う仕事です。

アカウントプランナーの仕事内容

accountplanner

アカウントプランナーの仕事内容は多岐にわたり、おもな業務は以下の通りです。

  • 広告戦略のプランニングと実行
  • 広告出稿先の媒体選定
  • 広告枠(広告スペース)の販売
  • クライアント企業から要望をヒアリング
  • 広告制作部署に制作指示
  • 広告配信後の効果測定と結果報告

自社でWebメディアや雑誌などの広告媒体を保有している場合は、広告を出してくれるクライアント企業を見つけることもアカウントプランナーの仕事です。その際は、前述したアカウントプランナーの仕事と異なり、新規開拓営業のような業務がメインになります。

アカウントプランナーのやりがい

アカウントプランナーは、広告出稿を支援するだけの仕事ではありません。広告予算の大きい案件に携わった場合などは、社会に影響を与えることもあるため、やりがいも感じさせる仕事です。そのほか、以下に魅力やメリットを感じる人が多い傾向にあります。

  • クライアント企業の大規模プロモーションに関われることがある
  • 行政や国際的なイベントに携わる可能性がある
  • 多様な分野の業界関係者と仕事ができる
  • 手がけた広告戦略によりクライアント企業の商品が売れブランド価値も上がる

アカウントプランナーは「きつい」「激務」とイメージされることもありますが、業種を問わずさまざまな分野の関係者と仕事ができ、商品売上アップやブランド力向上につなげられる仕事です。

アカウントプランナーに向いている人の特徴

accountplanner

アカウントプランナーに向いている人の特徴を3つ紹介します。

コミュニケーション能力が高い

アカウントプランナーとして活躍している人はコミュニケーション能力が高い傾向にあります。広告主やメディア担当者、制作部署のメンバーなどとやり取りする機会が多いからです。

とくに広告を制作する際は、制作担当のディレクターやカメラマン、タレントなどと連携し、中心となってプロジェクトを進めます。関係者と信頼関係を築くコミュニケーションスキルは大切です。

法人営業経験者

アカウントプランナーは、クライアント企業に赴き、商談を成立させます。そのため、法人営業(BtoB)の経験が求められる傾向にあります。

法人営業(BtoB)は個人営業(BtoC)と違い、商品購入の決裁権をもっている人は商談相手とは限りません。決済してもらうために、商談相手の上司や社長の同意が得られるようなプレゼン力も必要です。

ただし法人営業未経験でも、広告業界の知見があったり、コミュニケーションスキルが高かったりすると、転職活動の面接時で評価されることは多いです。

ヒアリング力がある

アカウントプランナーはヒアリング力が重要です。顧客の悩みやニーズを把握したほうが、クライアント企業の課題解決や問題の改善につながる提案ができるからです。

企画力を高めるためにも、クライアント企業の要望やターゲット層、広告戦略のイメージなどを丁寧にヒアリングできる人は向いています。



クリエイティブ・マーケティング職の転職相談はこちら

アカウントプランナーの年収

アカウントプランナーの年収は企業規模や実績、業務内容などによって大きく異なります。目安として、厚生労働省の「職業情報提供サイト|job tag」で紹介されている広告営業(アカウントエグゼクティブ)の年収は551.8万円とされています。

大手企業のなかには、ボーナスやインセンティブにより年収800万円など給与の高いところもあります。ただし規模の小さい広告代理店の場合、新卒で入社したばかりのうちは年収300万円ほどで、20代前半の間は年収500万円に満たない企業もあります。

アカウントプランナーのキャリアパス

accountplanner

アカウントプランナーからのキャリアパスの例を下表にまとめました。

職種

業務内容

管理職

  • チームの目標設定と進捗管理
  • 部下の指導
  • プレイングマネージャーとしてアカウントプランナーの業務も担う

マーケティング

  • マーケターとして企業のマーケティング活動を支援する

広告制作

  • ディレクターとして制作進行を担う
  • ライターとして文章を作成する

広報

  • 企業の広報担当者として広報活動を行う

アカウントプランナーとして成果を上げて社内の管理職のポジションにキャリアアップやスキルアップするケースは多いです。

広告制作の適切な流れを理解しているアカウントプランナーは、資格や英語力がなくてもマーケティングや広告制作などの分野で歓迎される傾向にあります。これまでの経験を活用して、転職者やフリーランスとして他の職種にキャリアチェンジする働き方もあります。

アカウントプランナーの将来性

総務省の「令和4年版 情報通信白書|広告」によると、2021年度に初めてインターネット広告がマスコミ4媒体広告を上回りました。

リスティング広告やSNSと連動させた広告、ECサイトなどでの広告は増えています。今後も、IT分野でのアカウントプランナーのニーズは増えていくと期待されます。

アカウントプランナーへの転職ノウハウ

accountplanner

アカウントプランナーとして転職を成功させるために、以下の3つのポイントをおさえてアピールしましょう。

  1. 志望動機
  2. 業界経験・実績
  3. 意欲

志望動機と合わせて、自分の強みや貢献できるスキルを論理的かつ具体的に伝えます。即戦力のアピールにつながるため、業界経験をアピールすることもおすすめです。

業界未経験で実績がなかったとしても、「新しい知識や技術を身につけたい」という意欲や熱意、積極的な姿勢のアピールによって高評価につなげられます。

まとめ

アカウントプランナーについて紹介しました。アカウントプランナーは、広告代理店で広告企画立案を担う役割です。事業会社などの顧客の広告戦略を練り、商品の売上やブランド力向上のために広告出稿と掲載のサポートを行います。大規模な広告施策に携われる可能性があり、社会に影響を与えることのできる仕事です。

「アカウントプランナーへの転職を実現させたい方」「自分の市場価値に興味がある方」は、マーケティング・クリエイティブ業界に特化した転職サポートを行っている外資系転職エージェントのエイクエントをご利用ください。

無料で、求人などの人材募集についての情報や転職市場の動向、職務経歴書の作成方法などをお伝えします。もちろん、求人に応募した後のフィードバックや採用された後のアフターフォローサービスなども行っています。お気軽にご相談ください。



クリエイティブ・マーケティング職種の転職相談はこちら



他のブログ記事はこちら

スクロールして求人を探す

▼ ▼ ▼